緑内障 Glaucoma

診療内容 緑内障

緑内障

※上記の写真は、緑内障の方の視野のイメージです

緑内障とは、眼圧上昇などの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなり、進行すると失明に至る疾患です。厚生労働省研究班の調査 によると、我が国における失明原因の第1位を占めており、日本の社会において大きな問題として考えられています。

緑内障は、しかも最近、日本緑内障学会で行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の日本人には20人に1人の割合で緑内障の患者さんがいらっしゃるというデータもあります。
また緑内障の有病率は、年齢とともに増加していくことが知られており、日本の少子高齢化に伴って、今後ますます発症者の数は増えていくこと が予想されます。

緑内障があるのにもかかわらず、これに気づかずに過ごしている人が大勢いることも判明しました。一般に、早期発見・早期治療によって失明と いう危険性を少しでも減らすことができる病気の一つであることは間違いありません。
参考:日本眼科学会 「緑内障とは」